売却ガイド

愛着を持った不動産を手放すのですから、より高く売りたいと思うのは当たり前です。
時間が経てば経つほど、価値は下がっていきます。
東武住販は、創業31年の実績による多くの顧客ネットワーク・ノウハウを活かして
迅速な売却活動を行います。


東武住販の査定

売却の相場に合わせた価格設定です!

売主様の大切な財産である不動産が「現在の相場ではいくらなのか?」を一番知りたいのは やはり売主様ご自身です。
そのニーズにお応えするのが、私たち不動産業の務めですが 得てして不動産業者の感覚で査定され、
適確な金額かどうか分かり辛いことも多いのです。
私たち東武住販は、豊富な取引実績と未公開物件も含めてリアルタイムで保有している
物件情報などの正確なデータに基づいた無料査定サービスを実施。
さらには不動産鑑定士とも連携。売主様ニーズに即対応しています。

売却の流れ

売却の依頼を相談する不動産会社の情報を収集するため、情報誌やインターネットを活用すると共に、
実際に不動産会社へ出向いて、売却の相談に乗ってもらいます。

価格査定依頼を受けた不動産会社は売却希望物件の基礎的な調査を行います。

不動産会社は、基礎的物件調査に基づいて売却希望物件の価格を査定し、依頼者に対して書面などにした資料を使って価格査定の報告をします。

売却を決断したら、正式に媒介の依頼を不動産会社にすると共に、その証として媒介契約を締結します。

宅地建物取引業者間のコンピュータネットワークである指定流通機関に、売却不動産の情報を登録し、広く売却情報を発信します。
また新聞折込チラシ、住宅情報誌などの広告やインターネットなどに売却不動産を掲載して、購入相手の発見に向けて販売促進活動を行います。

購入検討者から購入希望の提示があれば、不動産会社は依頼主である売主と連絡を取りながら、価格やその他の条件について相手側と折衝を行います。購入検討者は購入申込書(「買付け」とも言われている)に希望条件を明示します。

売主と購入検討者との間で、価格やその他の条件に関して合意に至れば、売買契約手続きを行います。
売買契約を締結後、売主は買主から手付金を受け取ります。

残代金の受領と物件の引渡しは同時に行われるため、引越しを事前に済ませておかなくてはなりません。また、事前に融資を受けているローンの抹消書類やローン残債額の確認など準備をあらかじめ行います。

買主から売買代金の残額を受領し、買主に対して物件の引渡しをします。
併せて、売主は買主に対して所有権移転登記等のため必要書類の交付を行い、売却物件が建物の場合は玄関の鍵などを渡します。
売主にローンの残債があれば、受領した売買代金でローンの残債を一括返済し、抵当権の抹消手続きを司法書士に依頼することを、決済引渡しと同時に行います。

売却査定依頼